« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ロックドラマー

今日はTOKMA君のリハだった

来月の名古屋ワンマンに向けての1回目の練習

しかしTOKMA君、年齢はオレのたった一つ下なのに

年甲斐もなく速くてハードな曲ばっか

それならギンギンのロックドラムを叩いてやるぜと意気込んで

スタジオ入りしたんだけど。。。

本気でロックを叩くのはすごく久しぶりだったとはいえ

体が全く思うように動かない

そりゃそうだ

練習といえば自分の部屋でデジタルドラムを軽く叩く程度だもの

たいがいの事は出来なくても悔しくないんだけど

ここまで叩けなくなってる自分に愕然としたと同時に

自分にも出来なくて悔しいことがあったんだなと気づく

よって、修正かけて練習して基本から挑むことにした

おいお前、今に見ておれ

Fws100227

|

加藤茶

弟から写メが入った

色々と問題を抱えてる弟でね、兄としても心配してるんだけど

そんな心配もよそに呑気なもんだな

地元浦和のパチンコ屋のイベントで加藤茶と会ったらしい

しかも抽選に当ってツーショットと握手と色紙をゲットしたらしい

完全に弟に向かって「加トちゃんペ」をやってくれてるよね

羨ましすぎる。。。

調べてみたらこれ、1964年に開発されたギャグだった

加藤茶といえばオレ達の世代にとってはアイドルもアイドル

コントとギャグの偉人的存在だもの、会ってみたかった

ちなみにリアル高木ブーは間近に見たことあるんだぜ

ハワイアン繋がりなのかな

尾崎紀世彦のコンサートに行ったら普通に見に来ていた

とにかくこの「加トちゃんぺ」

世の中の閉塞感を吹き飛ばすくらいの威力があると思うんだけど

どうだろう

Fws100226

|

石内丸山スキー場

快晴の石内丸山スキー場

買ったばかりの携帯プレーヤーでボンジョビを聞きながら

白銀の世界を一人満喫してきた

たまにはこうゆう時間も必要なんだよ

ずっと部屋に篭って仕事してるんだもん、罰は当るまい

しかしどちらを見てもスノーボーダー達ばかり

スキーヤーは10%弱くらいじゃないだろうか

ボードを引きずる今風の若者達を見ていると

昔のままのくたびれた民宿やレンタルハウスが

アンバランスな感じさえした

誰にも邪魔されず一人シュプールを描く、爽快だよ

バブリーな頃にこぞってスキーを楽しんでたみんな

どうだい、また始めてみないか?

十分に滑ったらさらっと温泉に入ってさくっとご飯を食べて

越後湯沢から新幹線に飛び乗り45分ウトウトしたらもう大宮

このご時世でスキー場も経営が大変らしいよ

寂しい話じゃないか

Fws100225

|

携帯ミュージックプレイヤー

Fws100223

携帯ミュージックプレイヤーを初めて買った

高校時代、友人が初代ウォークマンを学校に持ってきて

自慢してた光景を思い出すな

あれから30年

こんなにちいさくなっちゃって

USBにこのジュニアを挿入するだけで充電されちゃうし

パソコン内の音楽アルバムを「送る」ってやると

数十秒で全曲「録音」されちゃうし

しかも何に録音されてるか分からないし

値段はたったの3750円

当時からしたらもうこれは魔法の神器

でも今の若い人達には当たり前のモノなのなのでしょうね

そして下は先日やっと買った携帯用のマイクロSDカード

これもその小ささにたまげた

どうしてここに写真や音楽が凝縮して入るのかが分からない

カセットテープだったら視覚的に理解できたんだけどね

もう録音って観念が違うんだろうな

だけど聞いてる音楽は60年代70年代のものだから

皮肉なもんだよ

|

バンドマン冥利

パスヘブのアコースティックワンマン

okraに集まってくれたお客さん、どうもありがとうございました

このところのライブはお酒を呑まずに演奏してたんだけど

昨夜のホームグラウンドならではのあの雰囲気

ついつい呑んでしまいました

マスターも快くビールの栓を抜いて渡してくれたしね

パスヘブの歌と演奏、どうでしたか?

手前味噌だけど小麦はいつになくしっかり歌えてたと思うな

音楽はこうあるべきだ歌はこうあるべきだ

つまらないウンチクはもういいかな

聞きにきてくれる人がいること、演奏できる機会と場所があること

ほんとバンドマン冥利に尽きることです

当たり前のように感じてしまったら終わりだしさ

そんな事をしみじみと感じた一夜でした

Fws100222_3 最後に残るいつものメンバー

チーム・オクラ

|

パスヘブ アコースティックライブ

カーリングの女子は特別美人でもないのに

みんな可愛く見えてしまうのは何故だろうか

さて、今年に入って音楽活動をしていなかったけど再開します

2月21日(日)蓮田のカレーショップ okra にて

PassPort to Heaven アコースティックワンマンライブ

20人も入ると満員のお店だけど

いつも和やかな雰囲気が素敵なのだ

パスヘブのハートフルな演奏をお楽しみに

そして来月はTOKMA君のワンマンに今度はドラムで参加

実はドラムでのワンマンって初めてなんだよね

名古屋と東京でやる事になると思うよ

45歳目前にしてやっとのことです

ゆっくりでも決してやめない事、続けることが大切なのでしょう

友達に夢はでっかくと言われて、はっとした

近頃すっかり忘れていた事に気づいたよ

|

今朝のトップニユース

今日から冬季五輪

意外と知らなかった人は多いのではないでしょうか?

自分もそうです

トイレで新聞広げて驚いた

お騒がせ坊主、やんちゃな国母君の記事は昨夜読んだんだけど

今日から開幕とは何処にも書いてなかったよ

みんな面白い顔してるなあと出場メンバーの写真を見ながら

スキージャンプのところで舟木や原田を捜す

スピードスケートでは黒岩や清水を捜す

いない。。。そりゃそうか。。。

でも岡崎がいた!相変わらず可愛い

そしてもう一人知ってる人が

橋本聖子団長

自転車が先だったかスケートが先だったか

参議院議員もやってたはずだけど

こんなところで選手団をまとめるお母さん役になっていたとは

もうすぐ開会式、今夜からの楽しみが増えたぞ

素晴らしい頑張りと感動に期待しよう

|

求められたら

やります

バンドも、女も、仕事も男は

今日は諏訪湖の隣町

雪景色に霞む塩尻の中継所へ

4WDの車で果敢に登ろうと試みるが

行く手を阻む倒木

Fws1002121_6

雪の重みで折れちゃうみたい

こうなるともう徒歩しかないわけで

極寒の中、機材を背負い大汗かいて30分

見上げれば凍てつく鉄塔

Fws1002122_3

流石に今日ばかりは昇るのやめた

こんなの昇ったら命に別状あるもんな

|

信仰と宗教

信仰と宗教に興味があるんだな

神社仏閣も大好き、あの雰囲気は凛として落ち着くよね

祖母が信心深かったせいかもしれない

神仏に手を合わせる習慣って実家では日常茶飯だった

今、日本には18万もの宗教法人があるそうだ

○○神社や○○寺を始め

創価学会、幸福の科学、立正佼成会、PL教団

霊友会、天理教、生長の家、エホバの証人、統一教会

沢山の人達が宗教を心のより所や目標にして生きてる

オレの周りにも沢山こういった団体に属してる人達がいて

その昔は興味本位で集会場に行ってみたり

最近では勧められて新聞を購読したり

バイブル本を読んだりもする

とは言っても入信するわけじゃないからね

何がそこまでその人達の心を惹きつけるのかが知りたいから

信仰は自由だし色んな考えや教えがあっていいと思う

オレは祖母の生き方を心のより所にしている

人として当たり前に正しく生きるって教えなんだけどね

なかなか難しいことだよ

オレの教祖はおばあちゃんってとこだな

|

仕事の展望

今年に入って新しい仕事を二つ始めた

昔からお世話になっている二人の人物を介して紹介してもらった

ありがたい事です、こんなご時世に

今の仕事を続けて22年

不況の影響も受けず成長してきた通信鉄塔メーカーの外注さんにも

いよいよ陰りが見えてきた

簡単に言ってしまえば

おおよその通信鉄塔インフラが整備されてしまったって事

官庁やテレビ局、通信に必要な鉄塔はもうほとんど建ってしまった

あとは最後の大物、東京スカイツリーの完成を待つばかり

今、大林組が頭になって一生懸命建ててるけど

沢山の会社が下請けで協力してるんだ

オレも一部を手伝っているので年末あたりには紹介できると思う

だけどこういった大きな仕事がなくなれば

あとは小さな仕事をコツコツやっていくしかないんだよね

もちろん収入も右肩下がりになるのかもしれないな

だけど機会を与えられたら、求められたら一生懸命取り組む

これしかないと思う

今までそうやって来たから今があったような気もするし

仕事をしたくても仕事がない事態が自分にもやってくるかも

でも、何も今から悲観して腐ることはない

不安をずっと抱えていたところでネガティブになるだけだもんね

|

私をスキーに連れてって

1987年に公開された映画から23年

私をスキーに連れて行ってくれたのは

上野のライブバーDoobie’sの店長、竹井さんだった

先月末、お店に立ち寄った時に突然誘われ

折角の兄貴の気持ちだしと13年ぶりのスキーを楽しんできた

不安はあったけど一度身につけたスポーツとは不思議なもので

最後に滑ったのが昨日のような感覚ですぐに上手に滑れた

しかしまだまだイケるじゃんと思ったのも束の間

すぐに足腰肩首に乳酸が溜まりだし

風雪と筋肉の痛みに耐えながらの滑走が丸一日続いた

年齢を重ねると忍耐というものに緩くなるからさ

孤独でストイックなスキーは精神鍛錬にいいかもしれないよ

平日なので辺りは大学生らしきグループばかり

ウエアを着た女の子ってみんな可愛く見えるよねって

鼻の下を伸ばしてる年頃のオヤジ二人

ロッカーの番号は69番に決めているという竹井さん

もう孫がいるんだよね、まあ憧れの兄貴だよ

Fws100204

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »