« 祝120周年運動会 | トップページ | 青魚と高血圧 »

浦和でライブ

十数年ぶりの事だろうか

昨日は生まれ故郷の浦和でライブをやった

東口なんて何もなかったのに今やPARCOがそびえ立ち

辺りには高層マンションが建ち並ぶ

浦和も変わってしまったんだなあとしみじみ

当時、母校高砂小学校の屋上より高かったものは

西友とトルコ(昔のソープランドね)の看板だけだったんだ

生まれ育った町だけど駅前での野外ライブは今回が初めて

とはいえ主催者も出演者も音響屋さんも昔からの友達

当時はお客さんも知っている人達ばかりだったけどな

見知らぬ顔に、みんな何処へ行ってしまったんだろうと思う

さて、野外ライブの宿命は近隣からの苦情なんだけど

やはりリハーサル時にデパート側からクレームが

多くのアーティストが育ったオレ達の町なんだから

これくらいの事、気持ち良くやらせてくれよと思ってしまった

駅前再開発って美しさや利便さを追求するあまり

殺伐としてしまって大事なものが失われていくような気がする

だからこそこういった活動は大切なのかもしれないね

今回このイベントを企画してくれた 「さいたま座」 に感謝です

Fws090928

トランペッター近藤等則さんの

ソロパフォーマンス

素晴らしかった

|

« 祝120周年運動会 | トップページ | 青魚と高血圧 »

音楽」カテゴリの記事