« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

VOLVO240をDIY

ここ1年、車の調子が悪く手を焼いてた

突然エンジンが止まったり始動しなかったり

交差点で止まるとほんと最悪なんだよね

VOLVOが得意な工場に持ち込んであれこれ部品を換えても駄目

1994年製だし、もう駄目なのかなとちょっと思ってた

でもどうしても気になる所が一つあってね

工場もそこだけは何故か見落としてた部品

燃料ポンプリレーと言って

ガソリンを吸い上げるポンプを作動させるスイッチみたいなもの

この白い箱がそう

経年と共に基盤のハンダにクラックが入って接触不良になるらしい

今やこうゆう情報はネットに溢れてる、ほんとありがたいよね

その情報を頼りに部品を探し当てたら

こんな風に適当に分解して、下手クソだけどハンダを盛ってみた

直ったよ

リレー基盤の接触不良でエンジンが突然止まってたなんて

やっぱりスウェーデンの車としか言いようがない

とってもいい車なんだけどね

今時エンジンが止まっちゃう国産車なんてないでしょ

日本の技術って改めて緻密で正確で確実なんだなあと

もうプリウスかインサイト乗ってりゃ間違いないってことか

Fws0905291 Fws0905292Fws0905293

|

負けて当然

さいたま市長選、現職の相川氏が負けた

実家のすぐ傍、中仙道沿いの豪邸に住んでおられる

浦和市長3期、さいたま市長2期の合計5期だからね

今回の選挙戦では息子さんを連れて近所を挨拶して回ってたそうだ

結局世襲なんだよね。。。

相川氏陣営では政党選挙で負けたって言ってるけど

民主党だって風当たり強かったしね

市民の為に頑張ったのかもしれないけど

市民は市政を評価できなかったという事だよ

負け惜しみはやめて謙虚に受け止めないと

悔しさは息子さんに託して後々頑張ってもらえばいい

でも、さいたま市は大きくなりすぎた

クライスラーもGMも潰れる時代だよ

タイミングが悪かったかな

浦和・大宮・与野・岩槻

どの市もそれぞれ個性豊かな街だったけどなあ

なんで合体しちゃったんだろうと思う

さいたま市って何がしたいの?って感じだよね

相川氏の選挙公約の最初に

市民全員分のタミフルを確保しますとあった

負けて当然

|

肉→魚

肉より魚のタンパク源が良いと言われているけど

何がどう良いのかわからないので実験中

まあ毎年少しずつデブっているし

食生活を少し変えてみたらどうなるかと

肉食っていうと野蛮だけど人間は肉食獣でしょ

牛・豚・鶏を食べるのやめてみた

野菜と魚メインの食事

これが、非常にしっくりくる

呑みながら豆腐とか野菜とか副菜をつまんだ後は

白米に味噌汁そして魚

肉を食べない物足りなさもないんだよね

年齢的なものなのかもしれないけど

このブヨブヨに余ったお腹の脂肪?いわゆるメタボ?

掴むたびに、やっちゃったなーって

こいつが減ってくるようであれば追って報告します

|

罪と罰

橋から車が転落して幼児3人が亡くなった福岡の追突事故

飲酒による危険運転致死か

酒気帯び脇見運転による業務上過失致死か

懲役は20年か7年か

飲酒運転の危険性がこれだけ問題視されている中

個人的にも犯人と罪を許すことは出来ない事件だと思う

模擬裁判に参加した経験を踏まえて言っちゃうけど

心情的にどうのこうの言っても法廷ではまったく駄目なんだ

酩酊状態の危険運転が原因だったのか

ほろ酔い状態の脇見運転が原因だったのか

選ばれた裁判員がこうだと思うことあるならば

証言や証拠や再現などをもって論理的に主張しなければいけない

そして他の裁判員、更には判事をも説得しなければならない

オレたち素人がだよ

犯人の目を見てると心底悪い人間じゃないかもとか

そんな優しい心を持ってる人は裁判員には向かないかもしれないな

そして故意でも過失でも論理的に判決を下した後は

量刑を決めなきゃいけない

何年間の罰、すなわち拘束と反省の期間与えるか

これもみんなで考えて決める

もちろん過去の判例などを参考にしてだけど

ここに少しばかり人情が見え隠れするんだよな

生い立ちが不幸だったから5年を3年にとかね

唯一論理的でない部分だったりするかもしれない

罪と罰

裁判員制度には賛成も反対もしない

というかどうしたらいいのか分からないのが正直なところ

男と女一つとったって、お互い何考えてるか分からない

なので、オレは辞退することを決めてる

この制度施行に向けて、裁判所勤務の高校の後輩が

昼夜問わず頑張って働いていた事は皆さんに伝えておきたい

|

摂理

一昨年だったかな、ウチの子供達

自己免疫力でインフルエンザをやっつけた

あの頃はタミフルも色々問題があって

医者から処方されなかったと記憶してる

衛生状態も栄養状態も良い日本においては

水を飲んで寝てれば治る病気なんだよね

弱毒性ってのが大前提なんだろうけど

これから新型インフルエンザの拡大に伴って

途上国の子供達の命が危険にさらされるだろう

マスクもない薬もないって所だ

日本ではみんなでマスクを買いあさり

市民全員のタミフルを備蓄します、なーんて言うさ

あざとい市長選挙の公約に安心し

自分と家族の身だけを守ることに躍起になってる

はたしてこれでいいのでしょうか

自然の摂理ってのをあなどっちゃいけないと思う

神のなんとかって言う人もいるけど、違うな

摂理はあくまでも自然の秩序

全体を考えないものたちはいづれ淘汰されると思うんです

|

蜘蛛の糸

部屋の中にいた小さな蜘蛛

天井とギタースタンドそして棚から3本の支線を張って

対辺30センチくらいの六角形の巣を部屋の空中に作った

よーく観察してみたけど緻密で凄い

こんなちっぽけな生き物の能力に驚くばかりだよ

しかも蜘蛛の糸って鋼鉄の5倍の強度があるんだって

部屋にいても餓死するだけなので外へ逃がしてやった

お釈迦様見てたかな?ちゃんと逃がしてやりました

地獄に堕ちたあかつきには

上を見上げて待っていようと思う

殺人放火の大泥棒でさえ下りてくる糸らしいから

まあ、結局は切れるんだけどね

|

法隆寺五重塔

とにかく世界最古の木造建築と言われてるらしい

奈良県、法隆寺の五重塔

仕事で行った山の下にあったので帰りに寄ってみた

塔の心柱が594年伐採されたヒノキだと分ってるそうだ

さかのぼること1415年前よ

聖徳太子が建てたという事になってるんだからもう空想的

朝鮮半島から渡ってきた建築技術らしけど

目の前にして見上げてみると壮大で緻密で巧みで圧巻

度重なる地震にも耐えてきたその構造は未だ解明されてないそうだ

そしてこの梁を支えてる動物見てよ

1400年前の人間のセンスがこれだぜ

たかだかカレンダー1400年分

オレが生きたのは44年分

地球の歴史、宇宙の歴史から見れば

昨日のことだよと言えばそれまでだけどさ

Fws0905141_2 Fws0905142_2

|

イェーッ!!

Fws090510_2  「青山ロックンロールショウ」と題された

忌野清志郎の告別式

3時と6時に行ったんだけど

いずれも5時間待ちの長蛇の列

正門の前でずっと眺めてた

カラフルな会場には「よォーこそ」が流れてるしさ

死んでも洒落なのかよって。。。

家に帰った後も心残りで

終電までは受付って言ってたから車を飛ばしたよ

11時半くらいだったかな、残念ながら閉門してたけど

遺骨がたぶん清志郎のであろうベンツに乗って出てくのを

最後に残っていたファン達と見送れた

フェンス越しにポストカードを貰ったけど

イェーッ!!って遺影ってことなのかな

最後の最後まで最高な人だったね

|

死んでみないとわからない

名誉棋聖 藤沢秀行さん死去

棋聖 6連覇

酒 ギャンブル 3度癌克服

夕刊を見てたら飛び込んできた記事

かなり破天荒な生き方をされた人物らしい

延命治療を拒否して亡くなったそうだ

言ってる事が最高なんだよ

「やりたいように生きてきた

死ぬまでは生きる

死んだようには生きたくない」

遺骨は本人の意向で厳島神社の海に散骨だって

生きることより歌うことを選んだ清志郎もそうであったように

生き方が決める死に方なのか

死に方が決める生き方なのか

死んでみないとわからない

|

愛着あるもの

Fws090508 いよいよ電子レンジとプリンターとお別れだ

レンジは16年

色んなものを温めてくれたし

時には解凍までしてくれた

プリンターは11年

何千枚もの図面や書類を焼いてくれた

愛着あるけど、ここまで使うと調子の悪さは酷いもので

騙し騙し使うのもそろそろ限界

物に命など宿らないと思うけど

これだけ長く付き合うと、ちょっとだけ寂しい

ありがとう、そしてさようなら

ゴミ置き場にドンと出しておいて良いという事だけど

置き去りにされないかな

|

ぼくの好きな先生

既成の音楽観に一石を投じたものがROCKであるのならば

清志郎は日本のロックシンガーの頂点に立つ人だった

でもあんなシンガーになりたいと思った事や

真似をしたいと思ったことは一度もない

清志郎みたいになりたいなんてね

絶対に届かないところにいた人が更に遠くに行ってしまった

そんな喪失感があります

ぼくの好きな先生だったのに

雨上がりの夜空に輝く星になってしまいました

もうスローバラードは歌えないだろうな

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »