« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

VOLVO240

Fws081129右が愛車の VOLVO240 1993年製

スウェーデンの車だけどベルギーで生産された

中古で買ってもうすぐ7年になる

走ってると突然ストール(エンジン停止)することがあったんだけど

今までは1年に1回くらい、でもここ最近は1日に3回とか

流石に車の心不全というか心停止はよろしくない

いつ止まってもさっと左に停車出来るように

左車線を走る自分の心臓にもそうとうの負担ということで

コンピューターと各種センサーの交換という大々的な修理を施した

左が代車で借りていた VOLVO V70XC 2004年製

クロスカントリーなんだけど2400ccのターボでで200馬力

これがまたハイテクで快適、欲しくなっちゃった

2台の差って、そうだな任天堂のゲームに例えると

DSと懐かしのゲームボーイくらいあるんだけどね

やっぱり愛着のある古い車は味わい深いな

嫁と一緒だって?いやいやどーだか...

|

党首討論

両党とも貴重な時間を割いて不毛な質疑応答

終わってみればメディアはどちらが優勢だったとか

やめてくれよ、まったく

ナンセンスってのはこうゆうことを言うんだぜ

無意味、センスなさすぎ

なにが一番駄目だったかって

オレだったら麻生さんと小沢さんのコップに

清酒入れとくけどなあ

水じゃ駄目だよ

男と男が腹を割って話すには必要なのよ

世界の経済大国、日本の行く末を決める二人だよ

兎に角何とかしてくれ

オレは十分楽しんだからいいわ

子供達に明るい未来を残したいのよね

|

インド

インドが大変な事になってる

素晴らしい所なんだけどなあ

もし人が死に場所を選べるとしたらオレはインドを選ぶ

10年以上前だけどちょこっと旅したんだ

大きくはヒンドゥーとイスラム

異宗教とカースト制度が混在する国

貧しいがゆえ常に生と死が隣り合わせ

でもそんなことに臆することなく人々は生きていた

ゾウとかロバとかヤギとか車とか自転車とか

放浪してる修行僧とかカーストに分けられた一般ピープルが

舗装されてない赤土の道路の上に全員集合

何してるの?働いてるの?とかは一切不問で

みんな、私今生きてますってオーラ出しまくり

もしここで死んだら

屍はガンジスに流されるか野鳥か野犬に食われるかだけど

魂は正しい所に辿りつくような気がしたんだよね

身近に生と死と宗教が一致してるんだインドは

それが本当だよね

裕福で満たされてる人たちは神の為に戦わないでしょ

あの大国が神の為に戦ったと思う?

子供が自立したらもう一度インドに行くぜ

Fws081127_3 

|

サルバドールの朝

Fws081127

DVD「サルバドールの朝」を見た

2006年、スペインの映画

反体制の若者が闘争の末、罪を犯し

極刑を宣告されるって話

いきり立った若者政治犯の話

本人はもちろんの事、彼にまつわるあらゆる人達の心の葛藤

見終わってしばらく動けず

ブログ上で極刑、死刑についての

個人的な意見は差し控えるけどさ

善が悪を裁く

白から見れば黒は黒、黒から見れば白は白、なのかな?

白は善で黒は悪だって誰がどうやって決めるのかな?

誰が見たって黒っていう凶悪犯なら人として裁くべきだけど

法曹関係の人達ってこうゆう映画見てどう思うんだろう

たかが映画ってスルーされちゃうと困るんだけど

そろそろ裁判員制度が始まるでしょ、責任重大だよ

ここは一つ、こまわり君にも意見を聞いてみたい

|

楕円な音

昨夜は旧友のベーシスト、カズユキ君とスタジオに入った

ボーカリストが気持ちよく歌えるようなグルーブを探してREC

改めてグルーブってのは難しくて簡単だと思う

その場に生まれた音の波に乗ればよいのだけれど

その波を作る1人でもあるから難しい

バンドの音を取り込んで自分の音を足して流し出す円運動

それが出来た瞬間は体も頭も「無」になって

音はゆっくり形を変える「楕円」になる

ワンステージこれが出来たらどんなに気持ちがいい事だろう

いまだ未到達の世界

|

チエ・カジウラ LIVE

☆LABORATORY #02☆

渋谷の SONGLINES という小さな箱だったけど楽しかった

満員のお客さんはみんな彼女のファンでしょ、ちょっと緊張したけどね

アットホームな雰囲気に助けられ、平常心で演奏出来たと思う

最後にアクシデントが発生したけどさ

お客さんの手拍子パワーとクリックに挟まれて、いやー参った

今回は沢山学ぶことがあったライブだったよ

本番はもちろん練習も含め、それからチエちゃんの歌にもね

機会を与えてくれたみんなに感謝します、どうもありがとう

お店のオーナーは、以前 ラママ でお世話になってた山影さん

もう歌はやってないの?と言われてしまいました

当時の仲間達は今も歌い続けているらしい

オレだけかよ、サボってるの

Fws0811091Fws0811092_2

|

ライブ前夜

明日はいよいよチエちゃんのワンマンライブだ

こんなにお店広げてやるんだよ

カホン・シンバル・マラカス・スズ・エレピ・コーラス・コンピューター

これ全部やる

もちろん一度にじゃないけど

それが出来たら神業

あそこも使って演奏しなきゃならんわい

しかし、SOLD OUT ! だって

人気があるシンガーは羨ましいなあ

とっても魅力ある歌声だもんなあ

オレ頑張る

Fws081107

|

雅楽谷の森チャリティー音楽祭

きのうは PassPort to heaven のライブだった

「雅楽谷」と書いて「うたや」と読むらしい

埼玉県蓮田市の青年会議所が主催する

市内小中学校 AED設置支援チャリティー音楽祭

天気も曇り、野外ということでとても寒かったけど

ひじょーにローカルで暖かい雰囲気の中演奏できた

しかし、こうゆうイベントはいいね

お客さんにもスタッフにも、もちろん出演者達にも

愛が溢れていました

みなさんお疲れ様

ちなみに、自分的には「カホン」デビューライブだったな

Fws081104

|

マジカル・オレンジ

昨日は代々木でカジウラチエちゃんのリハだった

段々まとまりつつも課題も沢山、練習あるのみだ

さてこのブログにも度々登場する山田なる人物がこれ

プロデューサーで作曲家、ギターリスト

売れてないけど、一生懸命いい音楽作ってるよ

もう20年の付き合いにあるかなあ

当時マジカル・オレンジというバンドを一緒にやっていた

彼には歌も曲も詞も、バンドの進め方も色々と教わった

会社員を辞めなきゃならないまでオレを追い込んだのも彼だしね

だけど結果として自分を良い方向に導いてくれた人物でもある

ごたごたで一時疎遠になっていた事もあるけど

こうして代々木でリハしてメシを食って一緒に帰ったのは何年ぶりか

お互い年食っちゃったなあ、あなた初老ですよ山田さん

タイトルはあえてマジカル・オレンジにしてみた

ググッてたどり着いてくれる昔のファンはいるかな?

俺たち元気です

Fws0811011Fws0811012_2

←グラムロックという

とりつかれたら

誰もがおかまになる

恐ろしい音楽をやっていた頃の俺たち

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »