« 大宮FREAKS | トップページ | 資本主義社会の血液 »

カホン

音楽やってる人は知ってると思うけど

この箱、ペルー発祥の打楽器カホン

後にフラメンコで使われて有名になったそうだ

近頃はアコースティックバンドのライブでよく見かけるね

箱の中にギターの弦が張ってあって

ドラムに似たビートが出せるんだ

今までドラム以外の打楽器には手を出さなかったんだけど

あるアーティストのライブで叩くことになり

チャレンジしてみることにした

宮城にあるARCOっていう工房を見つけて作ってもらったんだけど

ラッカーの臭いがまだ残ってて出来たてホヤホヤ

でも、かっこいいビートが出せそうな予感

ライブが楽しみになってきたぜ

Fws080927_2

|

« 大宮FREAKS | トップページ | 資本主義社会の血液 »

音楽」カテゴリの記事