« ハンケツ | トップページ | レコーディング日記 »

老人裁判員

模擬裁判に参加してみて思ったのだけど

被告の心の中に入り込み、真実を探るって作業

豊富な人生経験、豊富な人生紆余曲折がないと無理じゃん?

素敵な女性裁判官もいたけどさ、所詮20代

どんなに法を勉強したって人生は20数年しか学べてない

裁判長だって人間的にほんとに素晴らしい方だったけど

60年以上の人生は学べてないわけだよ

田舎に帰るたびに聞いた祖母の話を思い出した

どんな昔話でも、最後には教訓が出てきて

人間こうしちゃいけないよって諭される

生き仏のように感じたね

これからは老人がありあまる時代じゃん

どうだろう、暇を持て余した老人達を裁判員にしてみては

良くも悪くも豊富な人生を経験してると思う

へんてこな若者を無作為に選出するよりは

そんな若者達よりちょっとは人生経験があるよ

なーんて勘違いしてる俺たちを選出するよりは

大いに意味があると思う

人の心の中を覗くなんてさ

そんなに簡単なことじゃない

おばーちゃんと話せば全ては見抜かれると思うけど今は天国

人生経験豊富な方々を是非裁判員に

理にかなってると思うけどな

|

« ハンケツ | トップページ | レコーディング日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事