« 技量 | トップページ | ボーカルブース »

小さな哲学

広大な宇宙なんて言うけれど

膨張し続けるその大きさから比べれば

人間の存在なんてちっぽけ、と言うより限りなく「無」に近い

だけど存在していることは確かだ

昨夜、長男が「人間ってなんで生きているの?」と聞いてきた

「無」に近い存在なのにそれぞれに80年もの人生が与えられ

僕らは毎日を生きていく

「どうせちっぽけな存在だから」と生きるより

「どうせちっぽけな存在だけど」と生きてみよう

ちょっと考え方を変えるだけで人生の意味は大きく変わるのだ

お父さんとしてまだちゃんと答えてやってないので

教えてやろうと思う

彼にとって小さな哲学になるだろう

|

« 技量 | トップページ | ボーカルブース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事