« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

レコーディング日記

昨夜はベースのレコーディング

とあるセッションで知り合った元島さんにお願いして弾いてもらった

ジャズ・フュージョンからロックまで、なんでも弾ける人なんだけど

いわゆるロックのかっこよさを出せるベーシスト

ジャズフュージョンも出来るロックベーシストと言ったところか

年齢もオレよりずっと上だけど、おっさんなめたらいけません

プロデューサーの指示に即座にかつ的確にフレーズを作り上げて

即プレイできちゃう、凄くテンポ良く進んで気持ちよかったな

オレはプリッツボリボリ食べながら見てるだけだったけど

やっぱこうじゃなきゃ音楽って作れないんだなあって思った

日々の鍛錬がなせる業だね、まさに

日付が変わって、足立のスカイラーク

音楽や家族の話をしながら食事をして

仕事があるのに、1時まで付き合ってくれた

美味そうにビール呑みながら

こんな機会を与えてくれてありがとうって言ってたけど

オレもこうやって力を貸してくれる人達がいると

音楽に対しまた新たな気持ちになれる

素敵なことだ

Fws080526

|

黙祷の写真

四川省での日本の救援隊が話題になってる

亡くなった人への黙祷の写真が中国の新聞に載った

日本人として、いや人として当たり前のことだと思うけど

多くの中国人が反日から親日になったと言う

中国人留学生が成田に帰国した救援隊に深々と頭を下げていた

そんな話しも新聞で読んだ

うわべだけの事だって言う人もいるけど

どんなに国や宗教や思想が違っても

本当は仲良くしたい、困っている人がいたら助けたい

そうゆう気持ちは万国共通なはず

世界平和なんて絶対無理かと思ってたけど

たった一枚の写真報道でこんなに変わるなんて

ちょっと望みがあるなと思った

報道なんて操作されて云々

そんな事言ったら元も子もないんだけどさ

ピュアに受けとめたい記事だった

|

乳ガン検診

先日、母が3度目の乳ガンの手術をした

無事成功、幸いリンパにも転移はなかった

乳房の中だけで悪さをするヤツだったみたい

初めて発病してから半年に一回は検診をしているようで

今回も初期段階で発見、摘出してるから大事には至らなかった

本人曰く、傷も最小限で済んでるって

見せてなんて言えないので見てないけどさ

40歳くらいから発症率が高くなるそうで

そんなお年頃の女友達も多い

乳ガンといっても早期発見、早期治療で必ず直る病気なので

男のオレが言うのもなんだけど

マンモグラフィ検診など是非受けて欲しいと思った

母に教わったのでしこり見つけるのは上手いよ、オレ

簡易検診はいつでもどうぞ

|

メタボ検診義務化

国によるメタボいじめが本格化したね

太っている人は成人病になりやすい

医療費を圧迫するから痩せろだって

本当に医療費を圧迫する悪の根源はメタボなの?

ちょっとした風邪でも大量の薬を処方されたり

もっと他に正すべきところは沢山あると思うんだけどな

不規則な世の中、そんな中でもまれた人達が

不規則な食事で太ってしまったり

もちろん体質的な人もいるだろうし

誰でも衣食住こと足りる日本に生きていることを踏まえても

メタボ検診義務化、これ納得いかない

であれば、国民全員に毎年無料で国が健康診断を行うべきだ

メタボだけじゃないじゃん病気って

血液検査や尿検査、エコーで早期発見できるものも沢山あるでしょ

酒やタバコも規制しなきゃいけないんじゃないの

大食漢をあおるメガマックだって規制の対象でしょう

厚生省の誰が考えたかは分からないけど、その意図が見えない

どれだけ医療費が削減できるか試算はあるらしいけど

でもね、一番言いたいことは

この有無を言わせない強制力にとても憤りを感じるってこと

今にメタボって差別用語になっちゃうよ

今でもそんな匂いあるもん

|

アマチュアミュージシャン

昼過ぎからチエちゃんのドラムを録音

ドラムを片付けて夕方から自分の歌を録音

すべての作業が終わったのがやっぱり明け方

気持ちの切り替えや体力気力の維持が大変だったけど

限られた時間の中でやっているので仕方がない

集中力を欠かさないように引っ張ってくれた山田さん

彼の仕事モードには感服、プロだと思う

ドラムと歌、欲張りだけどやりたいんだよね

若いころはメジャーデビューだとか音楽でメシを食うとか

漠然とそんな夢を持っていたけど

いまだ叶わず、これからも叶わないでしょう

でもこうしてドラムを叩き、歌を歌う

ずっと思ってたミュージシャンとしての理想像に近づいている

お金にならないバンドごっこと馬鹿にする人もいるけど

自分は満足してるし、これからももっと自分を追及していこうと思う

趣味で音楽やってますってよく聞く言葉だけど、好きじゃない

オレはアマチュアミュージシャンだって胸を張って言えるように

これからもがんばりたいね

Fws080510

|

ボーカルブース

Fws080503 1曲カラオケが完成したので

歌どりに向けて練習してる

ここが一番落ち着くんだよね、やっぱり

部屋に程良いエコーもかかるし丁度いいんだ

歌ってるのはもちろん生々しい愛の歌であるわけ

その世界に入り込んでしまうと

便器も便器に見えなくなってくるところが不思議だね

用を足したくなればどかしてするって感じなんだけど

大丈夫、匂いまでは録音されないから

もちろん本番はスタジオで歌うので誤解のないように

|

小さな哲学

広大な宇宙なんて言うけれど

膨張し続けるその大きさから比べれば

人間の存在なんてちっぽけ、と言うより限りなく「無」に近い

だけど存在していることは確かだ

昨夜、長男が「人間ってなんで生きているの?」と聞いてきた

「無」に近い存在なのにそれぞれに80年もの人生が与えられ

僕らは毎日を生きていく

「どうせちっぽけな存在だから」と生きるより

「どうせちっぽけな存在だけど」と生きてみよう

ちょっと考え方を変えるだけで人生の意味は大きく変わるのだ

お父さんとしてまだちゃんと答えてやってないので

教えてやろうと思う

彼にとって小さな哲学になるだろう

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »