« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

技量

Fws080427今日も急遽ドラムのレコーディングだった

ぱっと曲を聞かされてちょっと打合せして

即ブースに入って叩く

今ここで自分にしか出来ないことを誠意一杯出す

しかも制限時間がありだったりすわけで

プロのミュージシャンなんてこうゆうことの達人なんだろうね

30年間ドラム叩いてても

出てくるフレーズは中学生の頃と変わらず

ないものはないから仕方ない

ならば「ドン」は「ドン」「タン」は「タン」

この血管の浮き出た染みだらけの手で

その一瞬に気持ちを込めて叩くしかしかあるまい

音楽は人生だ

そうゆうことだろ、音楽って

|

生まれました

43年前の今日ね

帝王切開、お袋って超チビで華奢だったから

今は凄いことになってるけど

窮屈な思いをしないで生まれた人間は

忍耐力がなく逆境に弱いそうだ

はい、その通り

そこ通ってないからわかりません!

さっき両親に感謝の気持ちを電話した

親父がでて、おー元気か?おめでとう

それでお前いくつになったんだ?

その言葉の中に色んな想いが含まれてるのを感じたよ

みんなどうもありがとう

これからも沢山の人に支えられながら

人生を歩んで行こうと思います

いろんな事があると思うけど

Fws080424

|

向日葵

こないだ友達から

なんでブログの背景向日葵なんですか?って

そりゃー元気が出るからだよ

太陽に向かって黄色い花を咲かす

光は恵み

返すものは笑み

向日葵の主張が好きなんだな

もっと単純に

人と人もそうあるべきじゃない?

|

レコーディング日記

昨夜は突発的にレコーディング

仕事を片付け、急いで食事をすませ

ギターはどれにするか考える間もなくレスポールを担ぎ

車を飛ばしてスタジオに着いたのが21時

なんの準備もしていなかったし、もういいや出たとこ勝負だ

アレンジは全面的に山田氏にお任せ

こんな風に弾いて、あんなフレーズにしてと

どんどん要求され、どんどん音を重ねてく

考えてる間なんてない、演奏というよりは録音作業

オレが煮詰まったり、弾けなかった時は彼が弾く

ロックなんてその場の勢いで作ったらいいのかもって思った

考えたからって出きるものでもないし

結局その場でいいプレイが出なきゃ駄目なんだよね

あとはデジタルの録音技術で駄目なプレイは良くしてもらう

終わってみたら朝だった

歌入れは後日だけど、これまた大変な予感がするな

Fws080417 こんな狭い部屋でやってるのよ

オレの為に彼は一本もタバコを吸わなかった

素敵だ

|

粋なオヤジ

美容と健康のために通ってるジム

オレが行ってる15時半~17時半という時間帯

若い女性がいない、残念ながら皆無

昔若かった女性は沢山いる

よってジム友は父母と同じくらいの年配の方々

ちょっと威勢のいいおっちゃんがいて

熱気ムンムンのエアロビスタジオで

熟れてズブズブになった果物みたいな

昔若かった女性達と一緒に必死になってダンスしてる

サウナで隣り合わせになった時、そのおっちゃんぼそっと

「あいつら、オレのこと煙たがってると思うけどな」

「今に見てろよ、ババアども」だって

プールで隣り合わせた時は

「なー兄さん、競争しようぜ」ときた、そのおっちゃん

もちろんオレが勝ったけどその差は体半分くらい

ちょび髭生やしたツルッパゲの65歳だけど

眼光の鋭い、粋なオヤジだぜ

ツルッパゲは見習いたくないが、そのスピリッツは目指したい

|

バケツリレー

消そうとする人と消さすまいとする人、滑稽だね

聖(ひじり)の松明なんだよ

今に思えば北京開催は問題ありすぎたのかな

そもそも水や空気が危ないなんてさ

ボイコット表明も増えてきたし

こんな状態で平和の祭典始めちゃっていいの?ほんとに

この日の為にがんばってきた選手達がかわいそう

チベット問題と五輪は関係ないっていうけど

もし人民解放軍の暴走が本当だったら?

軍の暴走で五輪が中止になる事が最終戦争のきっかけ

なんて予言した人いたしな

世界中の人が愛を分かち合える日って

やっぱり全部壊れた後なのかよ

聖火台が故障で点火しなかったとか

絶対に着火するように念を入れ過ぎて爆発とか

そんなオチがないように

中国政府、しっかりお願いします

|

男達のメロディー

姫路の友人からメールが来た

自衛官あがりの男で消防隊を経て現職は救急隊長

救急車に乗って搬送の全てを管理する人

彼の判断や行動に患者の命がかかってる

市民の安全を第一に考えて仕事をしてるし

日本国を背負って立つような男だよ

憧れるし尊敬してる

そんな彼からのメールのはこう

無我夢中で走ってきた人生、幸せな家族もある家もある車もある

しかし40歳という節目を向かえ

自分の夢はなんだ?これからどうした良いのか?

そんな事、俺に聞くなよ

知らないね

俺だって未だに自問自答してるもん

正解なんてないんだと思うよ

でもそうやっていつも考えている事が大切なんじゃん?

考える時間もない人がほとんどなんだよ

あとは自分の思った通りに生きれば良い

俺、元気がなくなったり迷ったりする時に

必ず聞く歌があるんだけど

「男達のメロディー」 

戦争やテロが身近にあった時は聞けない歌だけどさ

すっきりするから聞いてみなさい

「04_otokotachi_no_melody.mp3」をダウンロード

|

レコーディング

the first kiss のドラムをレコーディング

予定通り3曲

特にフレーズやパターンは決めていかなかったんだけど

思ったよりスムーズに出けたな

自分の曲なんでイメージは出来上がってるし

ただ一曲だけ「そのまんまやると XJAPAN になっちゃうよ」

という山田君のアドバイス(ダメだし)でビートルズ風に変えた

Xは流石にヤバイよ、確かに歌ってみてそう思ったけど

彼と一緒に歌物を作るのは10年ぶりくらいだなあ

そして偶然にも、山田君に曲をかいて欲しいって

これまた数年ぶりにカジウラチエちゃんから電話が入った

「オレソロデビューすんだよって」言ったら

半分信じてたけどね

ウソよ~ん、ありえませんから

Fws080409_2

|

EITA & THE FIRST KISS

明日から初のソロ活動開始

題して EITA & THE FIRST KISS(仮)

しかしメンバーはオレだけなんだな

プロデュース&ディレクター&エンジニアに山田さん

彼のスタジオを借りて、音楽を作ってみようと思う

とはいっても、それほど奥深いものではなく

単純明快なポップロックが出来ればいいなあと

曲はライブが出来るくらい作ってあるので

音源が完成すれば、最強メンバーを集めてライブするよ

自分の詞曲を歌うのは3年ぶりかな

がんばって作ったんで、いいものが出来ると思う

今月43歳 first kiss のときめきを忘れずに

Fws080406

|

名寄

北海道、旭川から北上すること2時間

名寄(なよろ)って町知ってる?

冬は日本一の雪質、夏は向日葵畑で有名な町

デジタル放送整備の為に行ってきた

山頂から地上60mの鉄塔

やっぱ足がすくむ

悩みがあったり、欝の時は昇っちゃいけない

そんな時は鳥になれる気がするんだよ

でもさ、行き先は地獄、よくて天国

好きな人にも会えなくなっちゃう

今日1日はとても寒かった、現地でもこの時期珍しいことみたい

町の商店街はさびれていたよ

いづれこの町もゴーストタウンになるのかも

おばちゃんが作ってくれた宿の食事が美味しかった

凄く、美味しかった

Fws080402

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »