« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

パスヘブ 横浜BAYSIS

今年になってからマンスリーでパスヘブやっていたイベント

BRAKE  GATE NIGHT が昨夜で一段落した

横浜BAYSISのみなさん、出演者関係者のみなさん、お疲れ様でした

控え室で沢山の人と音楽について話せたのが楽しかった

毎回車で行ってたのでノンアルコール、頭もプレイもクリアー

春らしく、ヒラヒラと舞いながら歌う小麦

オレも、やっとバンドのグルーブを出せるようになってきたらしい

やっぱ適任はドラマーかね...

小麦をはじめとするシンガー達を見てると

その華やかさと奥深さが自分にはないと痛感するんだけど

枯れたおっちゃんのエロさは出せないだろう

初のソロプロジェクト

来月からレコーディングしていこうと思う

叩いて弾いて歌うよ

Fws080328

|

悲しき姉妹

この曲はサイケデリック・トリック・スターズ用に

初めて書いてみた曲

このデモテープをみんなに聞かせて

全てが始まったって感じ

ふざけて作った演歌ロックだけど

日本では意外とウケルジャンルじゃないかと思ってた

メインボーカルはコーラスの「にんこ」さん

今聞いても、この素人感溢れる歌はいいな

雰囲気出てると思うよ

そうだ言い忘れた

2分50秒ちょっと

これ大事だったりする、歌謡演歌ロックって

「kanasikisimai.wma」をダウンロード

|

サイケデリック・トリック・スターズ

Fws080325 遂に出しちゃったな

みんな元気かい?

1999年結成、6年ばかり活躍してたバンド

「サイケデリック・トリック・スターズ」

マジかシャレかは見る人まかせ、ロックなんてそんなもんよ

解散宣言は出していないので、厳密には活動休止中

まあオレがやろうって言っても、誰もやらんだろうな

当時、大所帯バンドってあまりなかったので

割と目立ってたし、今でもとてもカッコイイバンドだったと思う

ホーン隊は現在も「GENERATION GAP」で活躍中

またメジャーミュジシャンのバックでがんばってるのも見かけるよ

一応宣伝、それとも知られたくない過去かな

オレはこのバンドでやりたい事やれる事を全部出し切ったので

エネルギーがゼロになってしまった

だから活動が休止した後は

歌や音楽に対してのモチベーションがなくなってしまいました

そこから抜け出るのにはずいぶんと時間がかかった

音源はこちら↓

「tokyonightcity85.wma」をダウンロード

|

ドラム録り

今週は音楽週間

PassPort to Heaven の曲を3曲録った

ライブは勢いで叩けてしまうのだけど

レコーディングは難しい

なかなか思うように叩けない

プレイが全て暴露されるので

まだまだ自分はこの程度のものかと思うばかり

ドラムって叩くものじゃなくて奏でるものだなあと

最近気づいたばかりだし

ドラムって感覚的には歌に似てるかもしれない

口でドラムの真似すると凄くグルーブでるじゃん

あれを手足で表現するわけ

ドラミングが歌っているような

そんなドラマーを目指していきたいなあ

ちなみに

CCBや稲垣潤一を目指すのではありませんからね

やっぱり歌はステージの真ん中に立って歌いたい

|

はるの まい

昨日は「はるのまい」さんのレコーディングで叩いてきた

パスヘブ山田君のプロデュースでCD作ってるんだって

彼の自宅マンションって半分がスタジオになってるんだ

凄いよね、なんだか

3畳くらいのブースになんとかドラムを詰め込んで録るの

オレは途中で帰っちゃったけど、深夜に完成したらしい

彼女とはライブで何度か一緒になったけど

礼儀正しくて、しっかりしてて、すごくいい女の子

路上でもよく歌ってるそうで

1000枚のCDを売るって目標を掲げて活動して

こないだ成し遂げたみたい、大したもんだよ

がんばって欲しいね

「はるの まい」

http://pksp.jp/lalala-songs/

Fws0803202_2 Fws0803201_2

|

高円寺 CLUB MISSION

昨夜は高円寺のMISSIONってとこでLIVEだった

こじんまりとした箱だったけど

ステージは広くて天井も高く、照明もかっこいい

フロアが1Fなので搬入も楽だし、お客さんも入りやすいみたい

今度デビューするフォークユニットの出番の後だったんで

お客さんも沢山残っていてくれて

パスヘブも集中力の高いベストなライブが出来たと思う

いまいち体調が悪くて直前まで不整脈でまくり

ドラムって体調がすぐ音に出ちゃうんだけど

リハーサルの時、リーダーのリズムが重いよってアドバイス

バンドグルーブの波に乗ってくようにすごく集中してみた

アマチュアだけど30分1本勝負、ライブってそれが楽しいんだ

出演直前のオレら

雰囲気のいい 小麦&オレ

そして何故かふてくされてる やんひ、山田君、山室君

Fws0803191 Fws0803192

|

仕事と音楽

magical orange というバンドで歌ってた10年以上前の話

bandの存続を賭けたレコーディングをした時期があった

その頃は契約社員で会社勤めをしてたんだけど

仕事が終わってスタジオに行って終わるのは朝

もちろん翌日も仕事、短い期間だったけどきつかったなあ

ライブとかで休みがちだったし、流石にヤバイと思って

社長に頼んだ、家で図面描かせてくれませんか?って

即答でOKだったけど、かなりの賭けでもあったよ

君は会社の風紀を乱してるとはっきり言われたし

部長にはそりゃーお前首って事だよって言われたし

でも各部署に挨拶に行って、仕事くださいってお願いして

まあ、運良く仕事が貰えるようになって今に至ったわけ

会社勤めしながらバンドやってる友人なんかに

自営業っていいよねって言われるけどさ

朝も夜も平日も休日もなく働くのも大変なもんだよ

仕事が無くなる不安もついて回るしね

でも人生追い込まれた時にこそチャンスがあるって事かも

そう思うと楽になり、また楽しくもなるな

|

王様の涙・王妃の微笑

Fws080308浦和駅の近くにあるイタリアン

イタリアンなんて年に一度ここで食べるくらいなんだけど

かならず出てくるワインは「王様の涙」

美味しい料理と一緒に出てくるこのワインはうまい

ライトボディで呑みやすいんだけど、コクもちゃんとある

これって3000円くらい?って思うんだけどさ

西友で500円で売ってるの...

まあ人間、雰囲気や先入観に弱いものだね

家で氷を入れて呑むのは

一本空けるまでに時間がかせげるから

肝臓への配慮を考えた中年の知恵ってわけだ

ちなみにこの500円ワインシリーズ

もう一本「王妃の微笑」ってのがあるんだけど

こっちはもっとライトでよりロゼに近い感じ

もちろん西友で500円

ふと思ったのだけど

「王様の涙」と「王妃の微笑」

なかなか意味深なネーミングだよね

二人にはいったい何があったんだろうか?

と、いらぬ心配をし

空想しながらひとり呑むのもまた楽し

|

夜更け

三文の徳と思われた早起きも

何度も睡魔に襲われ、イスにふんぞり返って居眠り

夕方は小一時間座ったままで寝てたみたい

お風呂入ろうって子供に起こされてびっくり

覚醒した

よって今夜は夜更かし、そろそろウシミツドキ

今ならほろ酔い、いい気分

死んだお婆ちゃん出てこないかな

早起きして期待してみたけど、今日は何も起こらなかった

仕事して合間に楽器に触れて

風呂入って、食事して、酒呑んで、ブログ更新

日付が変わって、いつもの夜である

今夜は何をしようか、何が起こるかなあ

そう思って何も起こらないのが夜である

みんな、おやすみ!

|

夜明け

みんな、おはよう!

仕事が込んでくるとついつい夜型になってしまって

明け方にベッドに入ることが多いんだけど

早寝したので今朝は4時起床

年寄りみたいだけどいい気分だ

あと1時間もすると、東の空が薄っすら青くなってきて

夜と朝が共存する瞬間がやってくる

窓を開けて、薄ら寒い空気を吸って、両手を広げて背伸びをして

気持ちいいんだよね、生きてるってことを一番感じる瞬間

さっきまで耳鳴りがするほど無音状態だった街も

ガラガラと雨戸を開ける音とか

パタンとポストを閉める音がして

いつもの朝がやってくる

今日は何しようかなあ、何が起こるかなあ

そう思えるだけでも三文の徳ってもんだ

|

ラブソング

オリジナルの歌バンドやりたくて

曲を書きためているんだけど牛歩の歩み、でもまあ日進月歩

曲はなんとかなるんだけど詞が苦手なんだよね

紆余曲折の人生歩いてないしな

才能はなくはないと思うけど平均以下の以下だ

歌にしろ曲にしろ、天才的な奴らは沢山いるよ

この世の中、ラブソングがほとんどだけどさ

やっぱり自分も行き着くとこは恋愛の歌になるのよね

来月43歳のナイスミドルがだ

そんな中、風呂上りの長男が部屋に乱入してきて

お父さん曲つくってんの?って書きなぐりのノートを覗き込む

男と女のHな話だよって隠すんだけどさ

女の前でパンツ脱ぐとHだよねっとか

バスタオルを股間に巻きながら、ふんどしってHだよねって

そうゆう歌じゃないんだよ...

変質者とかホモの話じゃなくてさあ

もっとピュアに恋愛の歌なんだけどなあ

いやまじで、今年は歌バンドやろうと思ってるよ

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »