« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

沖縄三線(おきなわさんしん)

沖縄を旅することはわりと突発的に決めたんだけど、

以前から三線欲しいなーと思ってネットで調べてたんだっけ。

ここへ来て妻に、三線買わないの?と言われて思い出した。

早速、那覇で最も華やか店が立ち並ぶ「国際通り」へ。

すぐに三線が並ぶ楽器屋とその店の前で三線を弾く彼が目に入った。

直感的にここだと思ったよ 。

楽器を買う時のタイミングってめぐり合わせとか偶然とか、

そんなもんが大事だったりする。

直感どおり、実に親切にその彼が三線選びを手伝ってくれた。

沖縄音楽館「ちくてん」さんそして下地さん、どうもありがとう。

この島の光と影が入り混じるような音色にうっとりしてしています。

そういや、あの福山雅治もここで買っていったそうだよ。

彼はいくらの買ってきました?って聞いてみたけど、

たいしたことなかったな。

まあ、楽器は値段じゃない、出逢いなんだよな。Fsd070726

|

沖縄へ

今日、生まれて初めて沖縄の地を踏んだ。

関東は梅雨明け前だったからかもしれないけど、とにかく暑い。

そりゃー無理だろうってくらいの紫外線&高熱光線が皮膚を突き刺す。

それでもとにかく向うところは一つ、平和記念公園とひめゆりの塔。

炎天下、子供たちもいるのでゆっくりは拝観できなかったのだけど、

とにかくここにある戦争の現実には絶句してしまった。

そしてもう一度、沖縄戦の文献を紐解いてみなければならないなと思ったな。

もしかして人間の本能本質として戦争は避けられないものなのかもしれない。

でも戦争に取り残された無力な子供達の写真を目にして思うことは、

二度と戦争を起こさぬためにはどうしたよいのだろうかという希望と失望。

どうしても絶望とは言いたくないね。

平和な時代に生まれたことを感謝しなくちゃね。Fsd070723

|

フォークソング同好会

高校時代の仲間達とセッションして遊んだ。

ワンシーズンに一回、公共施設の大きなスタジオを押さえてやるの。

先輩や後輩、嫁さんや子供達を入れたら20人くらい集まる。

数ヶ月前からmixiを使って曲を決め合うんだけどね、

エゴラッピンからラウドネス、流行のところでYUIとか大塚愛とか。

節操ないけどそれが楽しい。

知らなかったアーティストや曲にも沢山出逢えるし、

ラウドネスなんかは音楽というよりスポーツの領域、

鈍った体とドラミングに渇を入れるには最適だな。

当時一緒にやっていたベーシストの娘がYUIを歌ったんだけどね、

一緒懸命歌う彼女とそれを見守りながらベースを弾く彼、

そんな二人を見ながら叩くドラムは気分最高でした。

人生ってちょっと素晴らしいんじゃない?と思えた一日と、

そんな機会を作ってくれた仲間達に感謝します。

|

韓国の歌姫 Hejin

韓国からやってきた歌姫の卵、Hejin(ヘジン)。

ドラムを叩かせてもらった。

初々しいシンガーのバックで演奏するのは楽しい。

スタジオで一回会ったきりなんだけど、

なーんかキラキラしてんだよね。

オーラってやつ?シンガーとして嫉妬するね。

まー、20代の娘と40代の俺くらべてもな...

小娘に人生のワビサビは歌えまい。ふーんだ。

でもさ、せっかく韓国から渡ってきたんだ、大化してくれよな。

とっても素直でいい声を持ったシンガーなんだから。

http://www.supermama.net/hejin.html

|

四人囃子

岡井大二&森園勝敏といえば、

日本が誇る伝説のプログレッシブ・ロックバンド「四人囃子」。

代表曲「一触即発」は高校時代にコピーした思い入れのある曲。

そんな彼らが北千住CRAWFISHにやってくる!

こないだライブをやったお店だよ。

PUBLIC SAXOPHONEというバンドでメンバーは、

Ds:岡井大二 Gu:森園勝敏 Ba:大西真 key:石井為人

生で見るのはもちろん初めて、彼らを知ってから25年もかかった。

最前の席でバーボン片手に聞くサイケデリックなブルースはもう圧巻。

森園氏の「明日は岡井君の誕生日なんで四人囃子の曲でも」って、

「レディーバイオレッタ」と「空と雲」を。

もう感無量な夜でした。

最後は意を決し、演奏後のおじさま達が呑んでる席へ。

サインをもらい握手しながらお礼を言うと、

こちらこそ聞きに来てくれてありがとう!だって。

かっこよすぎだ岡井さん。

終電に揺られる僕はいつまでも夢見心地でした。Fws070709

|

凍結マンモス

ロシアで凍結状態のマンモスが見つかったそうだ。

生後一年の小さい子供だけど、

無傷の状態で一万年の眠りから覚めた。

絶滅したはずが何処かで生き抜いていたのか?

それとも本当に一万年前のマンモスなのか?

ロシアに迷い込んだ小象だったら残念だな。

日本に輸送して調べるんだって。

一万年も前かあ...僕らの命もそこから来た。

ロマンがあるなあ。

|

山田君

山田君から電話がくる。

ハリウッドスターのデモテープ作るのでドラム叩いてくれない?

山田君から電話がくる。

ドラム叩いてくれない?韓国の女性シンガーなんだけど。

山田君から電話がくる。

Vシネマの音楽やるんだけど出演しない?

昨夜、山田君が遊びに来た。

バイオリニストのツアーでエクアドルに行かない?

いったいどこからそんな話が来るのだろう?

あまり深くは聞かないことにして、ドラムは叩かせてもらってるけど。

Vシネマはびびって断った。

さて、エクアドルはどーするべきか...

|

金色のギター

Fws070705_2 メインで使っているギターを紹介しよう。

15年前に中古で買った、ギブソンのレスポールGT・リイッシュ。

シリアル#は7 0258

頭文字が西暦の下一桁を表すそうで、買った当時の状態を考えると推定1987年製。

今年で二十歳のヤングな奴だ。

Allman Brothers BandのDicky Bettsが弾いているのを見て欲しくなった。

ゴールドというルックスと男前で野太い音。

そして、とにかくこれを持って鏡の前に立つとやる気がみなぎる。

これってギター選びの大切なポイントなんだよ。

難点はちょっと重い事かなあ、長時間使っていると肩がコリコリ。

でもかっこ良さには代えられない。

長年使っていると表面のラッカーが剥がれて、

着色剤の銅が汗で酸化してボディーが緑色になるらしい。

塗装が剥げるのが早いか、オレの頭が禿げるのが早いか、

とことん付き合おうと思ってるMy Guitarです。

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »